FC2ブログ










近鉄百貨店、京から撤退 桃山店、9月末で閉店 

ソース:近鉄百貨店、京から撤退 桃山店、9月末で閉店

近鉄百貨店、京から撤退 桃山店、9月末で閉店

 近鉄百貨店は24日、桃山店(京都市伏見区)の営業を9月末で終了すると発表した。1996年の開店以来、営業赤字が続いていた。2007年に閉店したJR京都駅前の京都店(下京区)に続く撤退で、京都から近鉄の百貨店が消えることになる。

 京都百貨店協会などによると、市内の百貨店が閉まるのは、10年の「四条河原町阪急」以来約4年ぶり。ピーク時の1998年に9店舗あった百貨店は6店舗に減る。

 桃山店は、食料品を中心に扱う郊外型百貨店を核にしたショッピングセンター(SC)として開業し、「モモ」の愛称で知られる。開業翌年の97年度には過去最高の売上高129億円を計上したが、目標を下回り、人件費などを差し引きすると営業赤字だった。消費税増税で経営環境が一段と厳しくなることも踏まえ、不採算店を整理する。従業員25人は配置転換する。

 撤退後の活用については、建物を所有する三井住友信託銀行などが新たなSCとして運営する方向で検討中。近鉄は「長年ご愛顧いただいたお客様にご迷惑をかけて申し訳ない」としている。

 自転車で買い物に来ていた伏見区の主婦星山ゆうりさん(40)は「近くて便利だったので残念。商業施設として続いてほしい」と話した。

【 2014年03月24日 23時40分 】
続きはこちら>>
スポンサーサイト

原哲夫の戦国武将たち、京都発のミネラルウォーターに 

ソース:原哲夫の戦国武将たち、京都発のミネラルウォーターに

原哲夫の戦国武将たち、京都発のミネラルウォーターに

news_large_ryusui6_young.jpg


原哲夫による戦国武将のイラストがデザインされたミネラルウォーター、「京の柳水」が発売された。

「京の柳水(りゅうすい)」は織田信長が最期を迎えた場所である、元本能寺跡の井戸から採取されたもの。千利休が茶の湯に用いていた名水としても知られ、京料理を古くから支えてきた立役者だ。

パッケージは通常のものに加え、原のイラストがあしらわれた5種類をラインナップ。それぞれ織田信長、織田信長の青年期、吉法師(織田信長の少年期)、直江兼続、前田慶次がデザインされた。京都の信長茶寮、東京のCAFE ZENONなどで販売を行っているほか、特設サイトでの通信販売も実施されている。価格は1本160円。
続きはこちら>>

脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット 

ソース:脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット

脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット

20140325100752010.jpg
 名勝・嵐山に親近感を感じてもらおうと、京都市右京区の嵐山商店街がマスコットキャラクター「月橋(つきはし)渡(わたる)」を作った。思わず力が抜けるようなデザインで、京都嵯峨芸術大の学生が考案した。さっそく観光マップに登場、存在感を示している。

 伝統にとらわれず新しいものを取り入れる姿勢をアピールしようと、昨今のゆるキャラブームを受けて企画した。特産品開発で交流している同大学に昨年4月にデザイン案を募り、学生が寄せた22点のうち、デザイン学科2年伊東史佳さん(20)の作品を選んだ。

 月橋渡は渡月橋を背負った人間のようなデザインで、真っすぐ立つ姿や四つんばいの姿がある。平安初期に橋が架けられたことから年齢は「だいたい1180歳」で、色白が魅力という設定だ。伊東さんは「気軽に嵐山に親しむきっかけになるキャラクターになれば」と話す。

 月橋渡が登場するマップは1万枚作り、土産物店や飲食店など加盟78店で配っている。店舗に掲示するポスターと、店員が身に付ける缶バッジもできた。同商店街は「若者や女性から好評。常に進歩する嵐山の活気をアピールにしたい」としている。

【 2014年03月25日 10時08分 】
続きはこちら>>

事務いすで商店街激走! 京田辺、2時間耐久レース 

ソース:事務いすで商店街激走! 京田辺、2時間耐久レース

事務いすで商店街激走! 京田辺、2時間耐久レース
20140330103139isurace.jpg
 キャスター付き事務いすに座って距離を競う2時間耐久レース「いす-1GP」が29日、京都府京田辺市河原のキララ商店街で行われた。穏やかな天候に恵まれ、参加者たちは窮屈な姿勢で地面を蹴り、街を駆け抜けた。

 商店街事業協同組合が地域の活性化を目的に企画し、今回で5回目。レースは1チーム3人で1周180メートルの商店街内コースをいすに座ったままで何周回れるかを競う。今回は過去最多の57チームが参加し、徳島県や埼玉県など遠方からの出場もあった。

 2時間耐久レースの本戦には、予選を勝ち抜いた40チームが出場。参加者は背もたれを使いながら後ろ向きに座り、足で地面を蹴って進んだ。テレビの戦隊ものや一休さんをまねた出場者もおり、沿道の大声援を受けながら必死に商店街を駆け抜けていた。

 周回数106周で、前回に引き続き優勝した学生サークル「知真館」のリーダーで同志社大3年の上野允考さん(21)は「最後まで諦めず戦い抜けて良かった」と話していた。

【 2014年03月30日 10時33分 】
続きはこちら>>

新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港 

ソース:新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港

新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港

 新造護衛艦「ふゆづき」が海上自衛隊舞鶴地方総監部所属となり、17日、京都府舞鶴市北吸の岸壁に初入港した。防空、対潜水艦能力を強化した艦で、日本海の防衛力強化のため配属された。

 ふゆづきは基準排水量5100トンで全長151メートル、全幅18・3メートル。三井造船玉野事業所(岡山県)で建造され、今月13日に就役した。建造費は約720億円。イージス艦と同じ方式の高性能レーダーや、魚雷防御装置を装備する最新型のヘリコプター搭載護衛艦で、弾道ミサイルの警戒と対処を担うイージス艦を航空機や潜水艦などの攻撃から守るのが主な任務となる。

 名称は旧海軍の駆逐艦「冬月」に由来。冬月は舞鶴海軍工廠(しょう)で建造された防空駆逐艦で、戦艦大和と海上特攻に参加、帰還した。

 歓迎式典には約300人の関係者が出席、ふゆづき艦長の北御門裕2佐は「70年ぶりにふゆづきが舞鶴に戻ってきた。名前に恥じないよう任務に励む」とあいさつした。
20140317230551001.jpg
続きはこちら>>