FC2ブログ










新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港 

ソース:新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港

新造艦「ふゆづき」、舞鶴に入港

 新造護衛艦「ふゆづき」が海上自衛隊舞鶴地方総監部所属となり、17日、京都府舞鶴市北吸の岸壁に初入港した。防空、対潜水艦能力を強化した艦で、日本海の防衛力強化のため配属された。

 ふゆづきは基準排水量5100トンで全長151メートル、全幅18・3メートル。三井造船玉野事業所(岡山県)で建造され、今月13日に就役した。建造費は約720億円。イージス艦と同じ方式の高性能レーダーや、魚雷防御装置を装備する最新型のヘリコプター搭載護衛艦で、弾道ミサイルの警戒と対処を担うイージス艦を航空機や潜水艦などの攻撃から守るのが主な任務となる。

 名称は旧海軍の駆逐艦「冬月」に由来。冬月は舞鶴海軍工廠(しょう)で建造された防空駆逐艦で、戦艦大和と海上特攻に参加、帰還した。

 歓迎式典には約300人の関係者が出席、ふゆづき艦長の北御門裕2佐は「70年ぶりにふゆづきが舞鶴に戻ってきた。名前に恥じないよう任務に励む」とあいさつした。
20140317230551001.jpg
続きはこちら>>
スポンサーサイト




キツネの嫁入り妖しい魅力 

ソース:キツネの嫁入り妖しい魅力

キツネの嫁入り妖しい魅力

 白いキツネのお面に白無垢(むく)をまとった女性が人力車に乗って、ほの暗い街路を行く。京都市東山区一帯で開催中の「京都・東山花灯路」の行事の一つである「狐(きつね)の嫁入り巡行」は、あんどんの明かりで陰影が増した石畳の情趣に溶け込み、観光客の人気を集めている。キツネと花嫁のどこか妖しげな組み合わせに人はなぜ魅惑されるのだろう。

 「ちりんちりん」。東山花灯路初日の14日夜。ちょうちんを持った行列が先導する「狐の嫁入り巡行」が知恩院三門から高台寺までをそろりそろりと進んだ。出くわした人々はその様子に見とれ、懸命にカメラを構えた。高台寺南側の路上で「花嫁」を乗せた人力車は止まり、群がる観光客の撮影に応えた。

 「狐の嫁入り巡行」は高台寺が東山花灯路の協賛事業として始め、今回で9年目になる。といっても、キツネにまつわる伝説が東山に残っている訳ではないという。「この辺りは平安時代、鳥辺野と呼ばれる埋葬地だった。花灯路を盛り上げる趣向として、鬼や妖怪が行進する百鬼夜行のような、人々が驚くような仕掛けができないかということで企画された」と高台寺の広報担当は説明する。

 花嫁役は基本的に公募の女性が担うが、各国の駐日大使の夫人が扮(ふん)することもある。この日はクウェート大使の妻ジャミラ・アルオティビさん(45)が乗った。巡行後、「最高に素晴らしい体験をさせてもらった」と興奮気味に語った。

 京都の友人と初めて花灯路に来た茨城県のアルバイト古渡彩奈さん(23)は「とてもきれいだけど、ちょっと不思議な感じ」と、キツネにつままれたような様子。でも、「キツネの嫁入りって、お天気雨のことじゃないんですか?」
20140320085154kitu2.jpg
続きはこちら>>

京都市バス、大幅増便へ 渋滞懸念の声も 

ソース:京都市バス、大幅増便へ 渋滞懸念の声も

京都市バス、大幅増便へ 渋滞懸念の声も

 京都市交通局は22日、市バスダイヤを大幅に改正し、買い物客向けの急行便や午前0時発の深夜便の試行運行も新たに始める。35年ぶりとなる24台の大幅増車や計29系統での増便で利便性は向上するが、交通渋滞を懸念する声も出ている。

 市交通局の新運転計画では、直行・急行便の新設や夜間帯の増強が柱だ。土日祝日に京都駅前と四条河原町を直結する「ショッピングライナー」のほか、京都水族館と市動物園を結ぶ「岡崎・東山・梅小路エクスプレス」など、人気施設を巡る路線運行を始める。深夜には京都駅と阪急桂駅で午前0時発のバスを走らせ、大阪から帰宅する通勤客の利便性向上も図る。

 ただ、バスの増便に対し、京都水族館近くの商店街「七条中央サービス会」の岸田智之会長は「七条大宮・京都水族館のバス停にバスが数台続くと、横断歩道にまたがって停車し、渋滞や事故が起きないか心配だ」と懸念する。東大路通や河原町通を走る「プリンセスラインバス」を運行する京都急行バスの本田充成社長も、新たな渋滞の発生によるダイヤの遅れを心配する。京都女子大らが主な利用者で定期券購入者も多く、乗客離れの心配はないとするが、コミュニティーバスも運行するため「地域の足を守る路線に対しても支援してほしい」と話す。続きはこちら>>

サントリー、精華町に研究拠点 15年に完成予定 

ソース:サントリー、精華町に研究拠点 15年に完成予定

サントリー、精華町に研究拠点 15年に完成予定

サントリーホールディングス(サントリーHD、大阪市)は19日、関西文化学術研究都市内の京都府精華町精華台に新設する研究拠点の概要を発表した。大阪府島本町にある研究施設3カ所を集約して微生物の研究や健康食品の開発を行う予定で、2015年5月の完成を目指す。

 新たな拠点は「サントリー ワールド リサーチセンター」と命名。5月に着工予定で、4万9千平方メートルの敷地に地上4階建て、延べ2万3600平方メートルの施設を建てる。投資額は100億円。

 センターには研究開発部門の「サントリーグローバルイノベーションセンター」やサントリー生命科学財団の研究所が入り、約400人が勤務する。微生物や植物などの基盤研究に加え、健康食品や化粧品開発も行う。

 センター予定地近くの「けいはんなプラザ」で会見した辻村英雄・サントリーHD常務執行役員は「学研都市にある大学や異業種の企業と交流し、新たなイノベーションを創造したい」と話した。2014031920535919sanntori.jpg
続きはこちら>>

京都行くンゴwwwwwwwwwwww 

引用元: 京都行くンゴwwwwwwwwwwww

1: 名無しさん 2014/03/19(水)10:24:35 ID:mJR4TlY5j

やっと浜松やで


続きはこちら>>

中二病、ちはや、いなこん…続々 京阪が連携企画 

ソース:中二病、ちはや、いなこん…続々 京阪が連携企画

中二病、ちはや、いなこん…続々 京阪が連携企画

 京阪電気鉄道がアニメやテレビ番組と連携した宣伝を増やしている。作品をイメージした車両や特製乗車券などを企画し、乗客の取り込みを図っている。

 特に石山坂本線で多く、18日にはKBS京都などで放送中のアニメ「中二病でも恋がしたい!」の登場人物を描いた列車の運行を始めた。アニメに大津市の京阪石山駅や穴太駅をモデルとした場面も登場することから企画した。

 「かるたの聖地」とされる近江神宮(大津市)が登場する、かるたがテーマの漫画「ちはやふる」の列車も運行している。同線を含む大津線は列車の外装を変える「ラッピング」機械を自前で持つ。交通安全をPRするため、パトカーを模した列車も走らせている。

 京阪本線では、京都市伏見区が舞台で、KBS京都などで放送中のアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」の特製乗車券も販売している。テレビ番組「きかんしゃトーマス」のキャラクターを描いた4列車も交野線、京阪本線、石山坂本線で走っている。21~23日に順次終了する。

 京阪は「宣伝というより地域活性化の目的が強く、沿線以外の人にも多く乗ってもらいたい」としている。
続きはこちら>>

中京の喫茶店の猫、全国区に 雑誌で紹介、東京・大阪から客 

中京の喫茶店の猫、全国区に 雑誌で紹介、東京・大阪から客

 「吾輩はギンちゃんである」。そんなせりふを今にも発しそうな貫禄。京都市中京区姉小路通寺町東入ルの喫茶店「茶房 白い花」には、文字通りの「招き猫」がいる。カウンターの端の特等席で、だらんとうつぶせになり、店の前の通りを行き交う人々に愛嬌(あいきょう)を振りまく。そんな地域の人気者が、あることをきっかけに「全国区」に。遠く東京や大阪からも人を呼び寄せている。

 「この子にわざわざ会うために毎週末、通ってくれる人もいる」。マスターの鈴木修二さん(62)は言う。子どものために飼った「先代」の猫はおとなしく、2階の住居部分から店内に入ってくることはなかったという。

 その猫を老齢で失い、店主は寂しさから5年ほど前に「ギンちゃん」を飼い始めた。すると店内をうろちょろ。もちろん昼食時間帯は店に出入りさせていないが、カメラを近づけても嫌がらない人懐こさが人気を呼び、インターネットのブログで取り上げられるようになった。

 そして昨年秋には、とうとう「全国デビュー」を果たす。「招き猫」の噂を聞きつけた季刊誌「ねこ」(ネコ・パブリッシング)の編集部が取材にやって来た。特集「京都の猫」が組まれ、カウンターの隅でくつろぐギンちゃんが堂々の表紙を飾った。

 何とも「癒やし系」の姿は愛好家たちのハートを撃ち抜いたようで、東京や大阪、名古屋からも観光客を引き寄せるようになった。

 「最近は周りにこぎれいな店も増えて、小さい喫茶店には厳しい時代。ギンちゃんさまさま」。マスターの感謝の気持ちを知ってか知らずか。ギンちゃんはのそのそと店内を歩き回り、再び定席であるカウンターの端にどてっと寝転んだ。
20140317121534gincyan.jpg
続きはこちら>>

極楽浄土の輝き再び 平等院鳳凰堂 

http://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20140317000149


極楽浄土の輝き再び 平等院鳳凰堂

 「平成の修理」を行っている宇治市の平等院鳳凰(ほうおう)堂(国宝)で、外観を覆い隠していた素屋根の丸太が17日に全て撤去され、深い丹色(にいろ)に彩られた仏殿の全容が現れた。創建当時の建物を追求し、修理前の古色の趣から、極楽浄土を体現した絢爛(けんらん)な姿に様変わりした。

 鳳凰堂の修理は約60年ぶり。工事は2012年6月に始まり、素屋根の設置で同11月から建物全体が見えなくなった。中堂と左右の翼廊の修理が完了し、尾廊を残して素屋根を解体。十円玉でおなじみの正面3棟の姿が、1年4カ月ぶりにあらわになった。

 修理では平安時代の建立時の姿に近づけるため、柱や扉の色を従来の鉛丹(えんたん)から赤みの深い丹土(につち)色に変更。屋根瓦は落ち着いた古色仕上げとし、青銅製の鳳凰像に金箔(きんぱく)を施した。

 装いを新たにした鳳凰堂の前では早速、参拝者が写真撮影を楽しんでいた。平等院は鳳凰堂の落慶法要を4月2日に行い、翌3日から堂内の拝観を再開する。続きはこちら>>

外観は町家、最新の映像設備 京博が「平成知新館」公開 

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140318000179


外観は町家、最新の映像設備 京博が「平成知新館」公開

 京都国立博物館(京都市東山区)は18日、敷地内で建設を進めていた平常展示館「平成知新館(ちしんかん)」を報道陣に初公開した。京町家をイメージさせる外観で、高度な免震装置や最新の映像設備を備えた京博の新たな顔として9月13日に開館する。

 同館は地上4階、地下2階、延べ床面積は約1万8千平方メートルで高さは14・9メートル。設計は、ニューヨーク近代美術館新館や東京国立博物館法隆寺宝物館を手掛けた建築家谷口吉生さんが担当した。総工事費は195億円。

 床全体に免震装置を施した展示室は震度5以上の揺れでも展示品を守ることができる。照明は発熱が少ないLEDを採用し、展示ケースは透明度が高いガラスを使った。350インチ画面のシアターでは高精細な「4K」映像による解説が楽しめる。事務棟屋上には太陽光パネルを設置し、館内に飲食店も設ける。

 ひさしが特徴的な外観は大きな京町家のようで、設計した谷口さんは「単に『和』ではなく、いかに京都らしい建物にするか考えた。日本の風土文化にふさわしい建築にしたかった」と話していた。

 9月13日から11月16日まで、国宝や重要文化財を中心に約400点の収蔵品を公開する「京(みやこ)へのいざない」を開催する。続きはこちら>>

青春18切符で東京から京都まで行ってみようかと思んだけど経験者いるかな? 

引用元: 青春18切符で東京から京都まで行ってみようかと思んだけど経験者いるかな?

1: 名無しさん 2014/03/19(水)08:35:01 ID:40k7Ik5KC

8時間くらいで行けるみたいなんだけど、持って行ったいいものとか教えてほしい


続きはこちら>>