FC2ブログ










スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット 

ソース:脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット

脱力系キャラ「月橋渡」 嵐山商店街のマスコット

20140325100752010.jpg
 名勝・嵐山に親近感を感じてもらおうと、京都市右京区の嵐山商店街がマスコットキャラクター「月橋(つきはし)渡(わたる)」を作った。思わず力が抜けるようなデザインで、京都嵯峨芸術大の学生が考案した。さっそく観光マップに登場、存在感を示している。

 伝統にとらわれず新しいものを取り入れる姿勢をアピールしようと、昨今のゆるキャラブームを受けて企画した。特産品開発で交流している同大学に昨年4月にデザイン案を募り、学生が寄せた22点のうち、デザイン学科2年伊東史佳さん(20)の作品を選んだ。

 月橋渡は渡月橋を背負った人間のようなデザインで、真っすぐ立つ姿や四つんばいの姿がある。平安初期に橋が架けられたことから年齢は「だいたい1180歳」で、色白が魅力という設定だ。伊東さんは「気軽に嵐山に親しむきっかけになるキャラクターになれば」と話す。

 月橋渡が登場するマップは1万枚作り、土産物店や飲食店など加盟78店で配っている。店舗に掲示するポスターと、店員が身に付ける缶バッジもできた。同商店街は「若者や女性から好評。常に進歩する嵐山の活気をアピールにしたい」としている。

【 2014年03月25日 10時08分 】

以下、ツィッターの反応












スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kyotochannnel.blog.fc2.com/tb.php/227-b370b398


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。